結婚・子供・家族 不妊症を考えておく大切さ

Human Bond

044-982-3241

〒216-0023 神奈川県川崎市宮前区けやき平8-11

営業時間 10:00~20:00

結婚・子供・家族 不妊症を考えておく大切さ

スタッフブログ

2019/11/12 結婚・子供・家族 不妊症を考えておく大切さ

結婚して新婚生活を楽しみ

そろそろ子供をという時におこることがある問題

 

それが不妊症

 

昔から問題になってはいるものの、

無関心な方が多い不妊問題

 

それは何故か?

 

その問題に直面しないと考えないのが普通だからです。

 

『妊活してるけどなかなか子供ができないな~』

『ちょっと調べてみた方がいいかも』

となってからじゃないと不妊症のことは考えないのが

普通かもしれません。

 

しかし、

晩婚化が進む今

病院に行って調べた結果

厳しい診断が下されることも。

 

【妊娠適齢期】

女性35歳・男性45歳

性は35歳未満、男性は45歳未満を妊娠適齢期と言います。

それ以上になると、妊娠できる力が徐々に弱くなります。

特に女性は、卵子の老化現象がありますので、

35歳以上になると加速度的に妊娠できる力が低下します。

精子は毎日作られていますが、卵子は誕生した時に一度しか作られない。

つまり、誕生した直後から卵子の老化現象が始まっています。

20歳の時に排卵した卵子は20年分のダメージを受け、

40歳の時に排卵した卵子は40年分のダメージを受けています。

そのため、妊娠率は年齢とともに低下し、流産率や奇形率は年齢とともに増加します。

結婚年齢の高齢化と少子化はこのような結びつきがあるのですね。

 

だからこそ

結婚するなら(子供が欲しいなら)

早いにこしたことはないですね。

そして万が一、

結婚して妊活しても子供ができない。

いざ病院へ。

 

子供がなかなかできない場合

まずは女性が調べにいくと思います。

大変勇気がいることです。

身体を調べられ

不妊症という現実を突きつけられ

何度も治療に通い

何度もチャレンジしては悲しい結果にも。

その辛くて悲しい結果に耐えられなく、

諦めてしまう人も少なくありません。

 

これは女性だけの問題ではありません。

男性不妊も実は多いのです。

 

100名に3名の割合

夫婦100組中5組が男性が原因の不妊

不妊症で悩む夫婦では約5割が男性が原因というデータもあります。

 

私も男性不妊の

無精子症(精液中に精子がない)

精子無力症(精子の運動率が低い)

でした。

 

不妊症の原因は

女性だけでなく

男性の場合も多いのです。

 

ですから

できるだけ若いうちに

女性だけに悩ませず

一緒に考えることだけでなく

一緒に病院へ行き一緒に検査を受けることが大切です。

 

結婚→子供→家族

 

素敵な家族をつくるために

自分の身体を知ることが大切です。

 

素敵なパートナーと結婚したい方

素敵な家族が欲しい方

下記までご連絡下さい。

 

 

Human Bond
ホームページ  https://human-bond.jp/
電話番号    044-982-3241
メール     human.bond.inc@gmail.com
住所      〒216-0023 神奈川県川崎市宮前区けやき平8-11
営業時間    10:00~20:00

TOP